そして旅は始まった。〜旅する理由、旅に懸ける思い〜

gt

「 try to discover myself -自分捜し- 〜会うべき者〜 」

 

 

前回「そして旅は始まった。〜オーストラリア回想、出費〜

 

 

白いモヤの奥から現れたのは、紛れもなく、もう一人の自分である。

 

 

 

腕を組み、うつむきながら、こちらへ向かって来る。

 

 

 

<まるで金縛りにかかったかのように、身体は動かない>

 

 

 

そして遂にオイラの目の前までやって来た。

顔を上げ、口を開いた。表情は険しい。

 

 

 

スクリーンショット 2014-12-15 23.26.12 5

 

 

 

 

 

 

・・・・・。

 

 

・・・・・・・・・。

 

 

短くて、しかし重いそのひと言は と胸に響き渡る。

 

 

60歳を越えた、そして奇病にかかった母親を、一人にする。

 

 

どうなんだこれ。

 

父親はいない。姉は結婚して別の場所に住んでいる。

オイラがまたいなくなれば、また家に一人ぼっちである。

 

 

 

誰か教えてくれ。

 

 

オイラはもう、旅に出てる場合じゃないのかな?

 

嘘だろ・・・?もう旅ができないなんて。? 考えられない。

世界はこれからなんだよ・・・いや、でも、、、

 

 

スクリーンショット 2014-12-15 23.26.12 2

 

 

 

険しい表情のまま、そして半ば飽きれたような表情を付け加え、もう一人の俺は言う。

 

 

・・・分かってる、それも分かってる・・・。

世間の目なんてこれっぽっちも気にしてない。27歳、まだまだガンガン地球を遊び倒そうとしてる。

 

でも、いつだって心の隅には、お母さんがいる。

 

オーストラリアの時もそう。毎回「行ってきな」とは言うけども、

本当はもう落ち着いてほしいだろうし、独り寂しいだろうし、何よりも心配してるだろうし。

 

今までたくさん迷惑もかけた。朝から晩まで働いていて食べさせてくれた。

 

 

そんな母を、奇病を患った母を、

また家に独り置いて

遊びに行くと・・・?何年も?

期間を短くすればいい?日数の問題か?

 

 

 

もう、今こそ、一人息子として恩返しとして(?)助ける時が来たのだろうか?

 

目の前も、頭の中も、真っ白。

 

・・・旅に出ずに日本で普通に仕事をしている自分を必死に想像してみるが、何も浮かんでこない。

 

いや、違う。浮かぶ。

まるでもぬけの殻のような表情の自分の姿が。

 

 

その「想像-現実-」が今、目と鼻の先にまで迫っているのかもしれない。

 

・・・安定した仕事に就いたとして、心が安定するはずがない。

 

旅は今の自分にとって、必要なことなんだ。

 

必要。

 

・・・。?

 

 

・・・必要?

 

 

 

スクリーンショット 2014-12-15 23.26.12 3

 

 

険しさは消え失せ、飽きれた表情から真剣な眼差しにシフトし切り込んでくる、もう一人の、僕。

 

・・・?

 

 

なぜ必要か?

 

必要?

・・・必要かな?なぜだろう。

 

心が安定しないから?

 

なぜ安定しないんだ。

やりたいからだ、どうしても。

夢だからだ。

 

そう、世界を見ることは夢の一つだからだ。いたってシンプル。

 

自分の目で実際に見て、肌で、身を以て文化を感じて、五感で感じる。

好奇心を全力で満たしに行く。

 

こんなことは言うまでも無い。全部ひっくるめて、

絶対やりたいからやる、これに尽きる。特別な理由などいらない。

 

 

 

スクリーンショット 2014-12-15 23.26.12 4

 

 

 

長期の旅人が色んな意味で恐れる「帰国後」について真剣な表情のまま問う、もう一人の己。

 

 

その問いはつまり、仕事はどうするのか、ということになってくるはずだ。
誰もが帰国後の仕事のことを考えると思う。

27歳。今まで数種類のアルバイトと、リングの上でぶん殴り合ってたくらいで就職の経験は無い。

やりたい事を最優先してきた。

そして「今しかできない事」「明日死ぬかもしれないから」という便利な言葉を盾にしてきた。

それもそうだし、なによりも自分が何をしたいかが分からないから職に就かなかった、のは大きい。
社会の目、親からの重圧を気にしたりでなんとなく就職すれば、なんとなくの人生で終わるのは目に見えてる。

 

だからオイラは探し続けてる。「旅」という今一番やりたい事の中の、大好きな舞台で。
オイラにとっての旅はある意味、「就活」のようなもの。だから今、旅は必要なこと。

 

これまでの旅で、それは少しずつ、少しずつ、見えてきてると思う。

「写真」という、まだハッキリとは見えず霞がかってはいるが、一つの手段のようなものが。
それでも、写真で食って行きたい、とかそういうのとは違う、気もする。

写真で表現して、人に何かを与えたい。今はそれだけであって、お金を稼ぐという意識は無いに等しい。

綺麗ごとばかり言ってられないのは分かってる、お金を作らなきゃ生きていけない。
だからまだまだ、探し続ける。同時に帰国後のビジョンも描きながら。

 

例え何も見つけられなかったとしても、世界を見るという一つの夢を実現できた上で、
そして全力で何かを見つけようとした事実が自分の中にあるとすれば、
日本で普通に、特別好きでも無い仕事でも、スッキリとした状態で臨める気がする。

次の最終的な夢に切り替えて、それに向かって進めばいい。仕事なんてこだわらなければどうにでもなる。

きっと怖くなんかない。

 

旅せず行動せず、なんとなく職に就くのとではとんでもなく違う。だから今、旅は必要なこと。

 

必要。

 

・・・必要なんだ。

 

 

 

スクリーンショット 2014-12-15 23.26.12 6

 

 

 

その透明な声により、白いモヤがサーーっと引いていく。それと同時にもう一人の自分も姿を消した。

自分の家だ。そして目の前には母がいた。お母さんの声だった。表情は柔らかい。

 

 

『もしかして、私のこと気にしてんの?(笑 』

『アンタがいなくたって大丈夫よ(笑
指だって今のところ問題無いし、言わなきゃよかったね、このこと(笑 』

 

表情は柔らかいが、しかし言葉に力を感じる。

 

『本当にやりたいんでしょ?また行っちゃうのは寂しいけど
私のせいでそれが出来なくなるんなら、そっちの方が悲しいわ。』

『気の済むまで行ってきなさい。
ただし、絶対に危ないとこには行かないでね。それだけは約束してね。』

 

 

明るく、力強く、そう言った。

 

 

 

・・・いつか自分が親になったとき、同じ状況になったとき、同じ事が言えるだろうか。

 

 

親不孝者にも程があるのかもしれない。

 

でも今、旅は必要なこと。

 

 

ごめん、

 

 

 

行かせていただきます。

 

きっと、いや必ず、この旅で「何か」を持って帰ってくる。

 

 

 

 

 

 

家庭の事情などなどで、旅したくても出来ない人って少なくないと思う。
幸いにもまだオイラは行くことが出来る。

行けない人達の分まで、という言い方はあまり良くないし余計なお世話なのかもしれないけど、
全力で地球を見て、感じて来る。

 

少し堅苦しく、旅に懸ける思いを書き連ねたけど、

「楽しむこと」

これがやっぱり一番。なによりも。

jigfytg のコピー

写真は心を写すもの。だから楽しまなきゃテンション上げていかなきゃ面白くて良い写真は撮れない。

旅先での出会いを楽しめば、色んな人と交流していけば、何かが見えてくるかもしれない。
世界には日本で普通に生活をしていたらまずお目にかかれない、とにかく凄い奴らがウヨウヨいる。

ワンピースで言うとグランドライン的なね。たくさん刺激と影響を受けると良いと思う。

 

 

シンプルに、楽しむ。これが大前提で一番大事。

 

旅をする特別な理由など必要ない、とは言ったけど、その通りだけど
単純に、色んな意味でもっと強くなりたいし、自信をつけたい。
人として成長したい。自分を変えたい。色んな期待をこの旅に詰め込みまくってる。

 

それらをひっくるめて、そして特に求めている、自分のやりたい事を見つけること。

 

これらはすなわち、「自分というもの」を見つけたいということ。
強くなった自分、自信のついた自分、何か手応えを掴んだ自分。

総じて変化した自分。

 

見つけたい。だから探す。

 

これなんだ。オイラが旅に出る根本的な理由。よく旅の名目として使用される、ありふれた、使い古された、

 

「自分探し」

 

旅の中でオイラは全力で「自分」と向き合い、全力で「自分」を探す。そして全力で「自分」を知りに行く。
見つかるのかどうかは分からない。やってみなきゃ分からない。

 

このまさにオイラの心の模様を表した、自分の考えや思いを可視化させエンタテインメント調にしたものが、
一番最初に載せた「 try to discover myself -自分捜し-」という一つの作品。

赤い自分、黒い自分、モノクロの世界。説明が無いと意味が分からないだろうけど、今はまだあえてしない。

たくさん想像力を働かせて見てほしいから。
その想像したものは、あなたが考える、思う自分探しであって、全部正解。

 

この「-自分捜し-」はBunkoh Styleブランドとして、この旅のカッコ付けて言えばプロジェクトのようなもの。
自分とは???というカタチで展開、そして今の、まさに今旅しているオイラの頭と心の中の心境と、
そしてメッセージを、この一つの作品に込めて制作、あるいは創作していく。

日本一周フォトムービーに継ぐ、ワールドワイドverにも目を向けて、構想を練っていきたい。

 

 

もちろん作品創りだけでなく、自分の感性をあぶり出した写真たちも、ガンガン捉えてゆく。

 

DSC06622 のコピー

今少しだけ見えているこの「写真」という手段、のようなもの。
それで自分は果たしてどこまでやれるのか。旅はそれを試す絶好のフィールドでもある。

 

全力で自分を試したい、自分を知りたい、自分を見つけたい。

 

旅はこれらの欲求を全部満たすことのできる可能性を、十ニ分に秘めていると思う。

 

言うまでもないけど、満たす為の行動は自分でするもの。
旅はその欲求に応える為に手を貸してくれるだけ。
それをうまく利用するかしないか、出来るか出来ないかは自分次第。

 

 

 

 

旅は今、これからの人生の為に、必要なこと。

 

 

 

 

────────── 今年最大級と騒がれている台風。

もうとっくに暴風域には入ってはいるはずだが、小雨がパラつく程度で、気持ち悪いほど空は穏やかだった。

 

穏やかな空に対し、母の表情は寂しげだ。

最寄りの駅まで母に見送られている。

 

 

旅を終えた頃には、この町もまた少し変わってるかね。

そんな事を話しながらゆっくりと、旅前最後の時間を二人歩く。

 

 

 

台風であれ駅前はいつも通り賑やかだ。

 

「気を付けてね。」

 

そうひとこと言って、一万円札5枚をオイラに握らせた。

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

切符券売機の黒いモニターに反射していたのは、
思いっきり下唇を噛み締め涙をせき止めている自分だった。

 

ありがとう。ごめん。

 

 

 

オーストラリアへ行く時はこんなにも感情的にはならなかった。いや全然ならなかった。
今回は前回とは少し、いやだいぶ、ワケが違う。

 

いつ帰るか分からない。

アフリカ、中米南米。オーストラリアなんかよりもずっと危険の多い国へも行くだろう。

お母さんと喋ったのは、この日が最後だった。なんていうアホみたいな想像もしてしまう。

今回に限った事ではないけど、一人家に残すこと。そして手の病気のこと。

 

 

ごめん。

 

 

行ってきます。

 

「たまにメール頂戴ね。」

微笑みながら言う。

 

そっちも何かあったらすぐ教えてね。

改札を通り抜け、人混みをかわし、ホームへ向かう。

 

オイラは普段、一度別れたら後ろを振り向かない。凛として前を見据え、歩みを止めない。

しかし今回はワケが違うのだ。もう一度、母さんの顔を見るか、見せてあげるか。

 

そう思い、ピタっと足を止め、後ろを振り返った。

 

そこには身体の小さな母が、微笑みながら手を振って、

 

 

 

いなかった。

 

もう、そこにはいなかった。

 

 

 

 

 

引き返すのはやッ(゚Ω゚;)www

 

確かにちょっと肌寒かったけどね?

 

いやwwwアッサリかっwww

こういう場面って、見える範囲でオイラが電車に乗り込むまで待っててくれるパターンでしょ??

マジかwww母www

 

思わず吹き出したオイラ((゚m゚;)

 

 

 

・・・いや、もしかしたらすごく悲しくなって、いても立ってもいられなくなったのかも。?

そんな姿は見せられないと思って、すぐに去ってしまったのかもしれない。

 

少し元気が出た束の間、そんな想像をして、また悲しくなってきた。

 

 

しかし、それは違った。

ということが分かるまで、時間はかからなかった。

 

電車の扉が閉まり、ゆっくりと、生まれ育った街を離れていく。いつの間にか雨が強くなっていた。
座席が空いていようが扉の端っこに立ち、ボーっと外を眺めるのがオイラの乗車スタイルである。

次にこの景色を見るときの自分は、どんな自分だろう?

扉に打ち砕かれる水滴越しの暗い故郷を見ながら、そんな事を考えていた。

 

 

その時だ。

 

 

 

母が見えた。

 

 

お母さんがいた。

 

ベージュの雨合羽を着た、オイラの分の傘を左手に持ち、自分の開いた傘を右手に、
大きく傘ごと手を振っている母親の姿を、ビル群を抜けた開けた場所で、少し距離はあったが、見た。

 

母自身はオイラが見ているかどうかも分からないようだ。オイラが乗る場所を通り過ぎても手を振り続けていたから。

 

この為に、先回りする為に、すぐ行っちゃったんだな?

 

 

なんて粋な母親だろう?

 

 

 

 

大好きだわ母ちゃん。

 

 

抜群の視力と反射神経が自慢の眼球は、しっかりと表情をも捉えた。

 

満面の笑みだった。

 

 

 

 

よし、一気にスイッチ入った。

 

全力で楽しむぜ、地球。

全力で見つけるぞ、自分。

 

 

スクリーンショット 2014-12-15 23.26.12 7

 

 

ニヤッと、しかし目は鋭く、力強く言う、雨に濡れた真っ暗な電車の扉に映る

もう一人のオイラを、見た。

 

 

o0750050012572292834

Bunkohの世界旅、真夜中の台風の中、静かに始まる。